リプログ

主の趣味と息抜きに満ちた雑記ブログでございます。暮らしのためになる便利な情報や、主の経験談・趣味のゲーム情報を備忘録として共有します。

*

英雄戦姫が普通にゲームとして面白かった件。気づいたら4ヵ月プレイ中。

 

   - ゲームいろいろ

英雄戦姫というゲームがめちゃくちゃ面白くて、いつの間にか4ヵ月もプレイしてました。普通にハマってたので紹介してみます。

戦略シミュレーションゲーム、ターン性ゲームとかが好きな方は結構普通にハマれると思います。もちろん、可愛いキャラクターが好きな方も。

Sponsored Link

1. 英雄戦姫とは? ざっくり紹介

厳密には「英雄 * 戦姫 WW」というタイトル。WWはウォーワンダーの略です。

DMMのブラウザゲームになります。スマホアプリ版も出ており、PC版と同アカウント間でデータ連携も出来ます。(アダルト版も有り。そちらはFANZAでプレイ可能。タイトルは英雄戦姫WWX)

 

「DMMのゲーム」というと、正直キャラゲー・ガチャゲー感が半端じゃないですよね。

 

が、このゲームは普通に面白かった。実は8年もの歴史があるゲーム。伊達じゃないです。

以下、色々とゲームの中身を紹介してみます。

 

2. 簡単で面白いシミュレーションゲーム

9マスx9マスで行われるシンプルなシミュ―ションゲームです。

 

キャラクターにはそれぞれ技が3つあります。

技によって攻撃範囲が決まっていたり、相性によってダメージ量が変わったり、必殺技(ブレイブ技・英雄技)を使うためにエネルギー(ブレイブ)のチャージが必要だったり。バフ・デバフが重要な場面もあったりして。

 

本当に、よくある対戦ゲーム、シミュレーションゲームですよね。

 

対戦は本当に簡単。タイプ相性を理解しきれてない私でも、何とかストーリーのラスボスも倒すことが出来たくらいです。

 

しかし、イベントやボス戦によってはめちゃくちゃ難しくなることも。何とか試行錯誤の末クリア出来たりして、ちょうどいい難易度なのです。

 

ちなみにオート戦闘機能、早送り機能もあります。ザコ敵消化もストレスなくスムーズです。

3. シナリオもキャラストーリーも豊富で楽しい

このゲームにはシナリオストーリーとキャラストーリー、もっと言えばイベントストーリーもあります。

 

シナリオは本当に豊富で、長いストーリーをクリアした後、さらに真ルートなる裏ストーリーまであります

 

英雄(キャラクター)同士の掛け合いも面白く可愛いものばかりなので都度都度読んでいくだけでも楽しめます。

 

さらに、キャラクターごとにも短編シナリオがあります。好感度を上げればさらに次のキャラシナリオを読むことが出来るなど、キャラの育成に合わせて追加シナリオを楽しめるのです。

 

イベントでもシナリオがあるのでもう本当にスタッフさんご苦労様です(笑)

Sponsored Link

4. 初めてでも簡単で分かりやすい

個人的にはこれがかなり助かりました。

同じDMMの有名なゲームで、ボタンとかアイコンが画面ところ狭しと並んでいて「新規で始める人に理解させる気ないだろ!?」と思うことがありました。

 

このゲームはそれが簡略化されていて、UIがシンプルに収まっていてかなり分かりやすいです。

キャラの育成、ミッションに挑む、チームを編成する、イベントを見る、などなどボタン一つで簡単です。

 

ゲーム性もシンプルなシミュレーションですし、やってて意味が分からなくなるようなことはまずなかったかな。

 

戦闘にはタイプ相性もあるんですが、前述のとおり私は全く理解してなくてもストーリークリアできたので大丈夫です(笑)

 

新規でも簡単にプレイできる、続けられる、これは本当に良いことだと思います。

5. いつの間にかプレイし始めて4ヵ月

8月から始めて、いつの間にかもう4か月たってました。

まだ飽きてないってのは楽しむ要素が多いことの表れだと思います。

今の目標はキャラレベルカンストと高難度イベント「シャンバラ」のクリアです。

6. キャラクターごとの個性・特徴が強い

このゲームにはキャラクターがたくさんいるんですが、個性や特徴が本当に様々です。

 

何よりすごいのが「純粋な上位互換などの関係がない」こと。

キャラクターそれぞれにタイプ・個性があるので本当に臨機応変、様々な戦い方ができます。戦術豊富。

まぁ私はほぼレベルを上げて物理で殴る脳筋プレイなんですが(笑)

それでも勝てる時は勝てるのでOKなのです。

Sponsored Link

7. 低レアキャラも重要で強い。好きなキャラで戦える

このゲームのレアリティは星2~4まで。

 

この手のゲームに多いのが、星2、星3などレアリティが低いキャラクターが総じて弱いこと。しかも使い道がない。

 

もちろんこのゲームでも同じで、やはりレアリティが高い方がステータスが強いのは確か。

なんですが、低レアに出番がないかというと全くそうではないのです。

 

前述のとおりキャラ毎の個性や特性が強いので、「このバトルはこのキャラを使った方がいい」「このイベントはこのキャラの能力・デバフが有効」という場面が本当に多いのです。

 

しかも低レアで誰でも手に入れられるキャラに限ってそういう場面が多いので、ガチャで新キャラが引けなかったからどうにもならないなんてことはまずありません。

猛毒や封印などのデバフで強力なボスを相手に大活躍するファウストさん。中レアで誰でも手に入れられます。

 

ステータスが低くても、技や特性が有効だからこのキャラを使う。そのキャラが倒されないように、ステータス強化技を持つキャラでカバーする、などなど戦略次第なのです。

 

レアリティに関係なく、自分の好きなキャラでプレイできるというのは本当に良い所だと思います。

 

ちなみに私はタンクレード(★3)というキャラが大好きでこのキャラのためにこのゲームを始めました。このキャラを使い続けて、全シナリオをクリアしました。最高。(さすがにイベントとかでは変えますが…)

8. キャラ育成の幅が広い

これは個人的にも意外な点でした。

キャラクターの強化要素には、

  • ステータス強化
  • 技強化
  • 装備変更

の3つがあるんですが、最後の装備変更が熱い。

装備によって貰える特殊効果が違うので、同じキャラでも戦略の幅が広がるのです。

例えば「相手の速度を下げる」とか、「クリティカル発生で相手の待ち時間UP」、「HP満タンのとき攻撃力UP」などなど。

 

イベントやボスによってはひたすら相手の待ち時間を追加し続け、ずっとこっちのターンにして勝つ、といった戦法が有効な時もあったりします。

 

そういうことをやっていくと改めてシミュレーションゲームとしてしっかりしてるなぁと感心できます。面白い。

9. 毎週イベントや新キャラが登場。復刻も。

新規イベントは毎週追加されます。イベント期間によっては隔週になることもありますが、基本的には常に何かしらのイベントが開催されています。

 

新キャラに関するイベントだったり、強力なボスイベント、人気投票や他プレイヤー(CPU操作)と戦うイベントなどなど様々です。

 

そういったイベントは定期的に復刻イベントとして再度行われるので、今から始めても、イベントでしか取れないキャラを取れる機会もまたそのうち訪れると思います。

Sponsored Link

10. オンライン要素はあるが、困ることはない

オンライン要素、というべきか微妙ですが、ランキングがあります。

が、ランキングとして表示されるだけで特典などはありません。なので上位にならないとおいていかれる、差がつくといったことはありません。

これも新規が入りやすい良い所だと思います。

 

他プレイヤーのパーティと戦うアリーナというイベントもありますが、これはCPU戦になりますし、自分の総合能力に近い相手とマッチングするので問題なしです。

 

逆に嬉しい要素はあります。それは「助っ人」要素。

他プレイヤーが助っ人に登録したキャラをパーティに入れて戦うことができるのです(一部ボス戦は除く)。

かなり厳しい戦いでも助っ人によって乗り越えられたり、イベントに特化したキャラを助っ人に入れて効果的に戦ったり。困ることはなくとも嬉しいことはある、そんなオンライン要素ですね。

11. ゲームに張り付く必要がない

この手のゲームならでは、いわゆる「スタミナ」要素があります。

スタミナ回復アイテムなどもありますが、正直急ぐ理由、マラソンする理由が薄いのであまり気にしなくてOKです。

レベルが上がると回復したりして、ストーリー攻略やイベント消化など適度に自分のスタミナに合わせてやっているだけでも十分に楽しめます。

 

期間限定イベントなどでもしっかり余裕を持った期間が設定されています。常に張り付いてログインボーナスだの派遣クエストだのを意識しなくても全然OKです。

 

ていうかそれを意識しだすと楽しくなくなるのでやめましょう(笑)

12. ガチャ、課金は個人の判断で

キャラクターはガチャで引きます。よくあることです。

ガチャに使うルビーはシナリオやイベントでかなり手に入るので、無課金でも大体のキャラは手に入れられます。

 

期間限定ガチャで引けなかったから課金したい、好きなキャラが欲しいから課金したい、そういったことは個人の判断にお任せします。ゲームの応援目的で適度に課金するのもありかもですね。

Sponsored Link

13. イラストも可愛い!!けど好みは分かれるかも?

英雄戦姫は「大槍葦人」さんというイラストレーターさんがメイン担当をしています。ゲーム内の7割近くがこの方のイラストです。

 

大槍さんは1990年代からイラストを描かれていて、経歴20年以上の有名なイラストレーターさんです。

(2020年12月、キャラクター人気投票の中間結果。大槍さんキャラが8割以上を占めています。可愛いキャラだらけ。だがしかし私の好きなタンクレードがいないことに憤りを隠せません)

 

大槍さんについては私も特に詳しいわけではないのですが、「少女系」のイラストが上手いということで有名で、このゲーム内でも少女系キャラクターの数は少し多めとなっています。

 

私は正直少女系(いわゆるロリ)があまり好みじゃないので、好みのキャラクターは結構限られていたりします。…それでも20人くらい好きなキャラはいるんですがね(笑)

 

現在キャラクター数は150人くらいいて、大槍さん以外のイラストレーターさんが手がけているキャラクターもたくさんいます。好みのキャラクターは間違いなく見つかると思います。

 

そして前述のとおり、低レアのキャラでも普通に戦えるゲームなので、好きなキャラをずっと使い続けてプレイすることも可能です。

 

英雄戦姫、気になった方はぜひ一度プレイしてみてください。