リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【FIFA15】特性スワーブパスの使い道(キャリアモード:選手)

 

特性「スワーブパス
パスやスルーパスを必要に応じて曲げられる。

capture0528

ボールスキルのチャレンジ30個クリアで解除される特性ですね。
パスと言っておきながらボールスキルのチャレンジなので、フォワードや
サイドの選手でも結構解除できます。

この特性をつけるとパスにカーブをかけることができます。
クロス、は当てはまらないのに注意ですね。
クロスを曲げるのは「アーリークロスの名手」になります。

ちなみに曲げるスルーパスっていうと個人的にはシャビが浮かびます。
中盤でボールを受け取り、逆サイドで裏を狙っているペドロやアウベスに
カーブを描くスルーパスを通すのがよくありますよね。
特にペップ時代のバルセロナで多くあったパターンでしたね。

ではでは、スワーブパスの使い道。

CBやDMFから前線へのロングパスを曲げる必要はないので、
多くは中盤からディフェンス裏へのフライスルーパスを
曲げたいときに使うと思います。

個人的な印象では、直線的なフライスルーと比べて
パスの受けてがスムーズに移動したままトラップできる
ダイレクトボレーを狙いやすいという感触があります。

設定でパスアシストをつけている場合によくあることですが、
普通にフライスルーパスをすると多くの場面で
受けてが前を向かずに胸トラップやヘディングをしてしまい
スルーパスにならないということがあります。

曲げた場合、曲げた方向に向かって走りながらトラップしようと
してくれるので、裏に抜けるスルーパスになりやすいですし、
ダイレクトでパスやシュートがしやすいんですね。

caputure2015112605

注意点としては、
普通のスルーパスは受け手に直接トラップさせないのが基本ですが、
スワーブパスの場合は受け手に直接トラップさせることが大事です。
または、直接トラップさせる場面のほうが多いです。

というのも、カーブをかけるとボールが転がりやすくなるからです。
トラップできなかった場合、受け手がパスに追いつけないパターンが増えます。

使い勝手のいい場面としては、
先述のシャビの例よろしくペナルティエリア外45度あたりから
逆サイド目掛けてゴール側にカーブをかけたフライスルーパス。
いい感じに中に曲がるスルーパスになり、
裏を狙っていた選手が中に切れ込むように入ってきてくれます。

どちらかと言うと、CPU戦よりは対人戦で活きますかね。
裏抜けが2人以上いれば、曲げずに一人目にパスしたり、
曲げて二人目にパスしたりと相手を欺きやすいです。

前にパスしていながら横に流れていくという形になるので
パスの直線上に2人いるパターンでも良いですね。

ファンシーパスやファンシーフリックと比べて
少し実践的なテクニック系特性と言えるかもしれません。
めちゃくちゃ使える場面があるわけじゃないので
特に曲げることに興味がなければ使わなくてもいいですね。