リプログ

趣味と息抜きに満ちた雑記ブログでございます

*

ゴールドリーグも余裕の突破!! 実質全勝。実質ね。【メダロットS】

 

   - ゲームいろいろ

ブロンズ、シルバーと楽々突破してきました。勢いそのままにゴールドリーグへ挑戦。

これまた余裕で突破してやりました。あっさりプラチナや。このままレジェンドまでぶっちぎりそうな勢いやね。

ということで今回はゴールドリーグの情報および使ったパーティについて紹介。

Sponsored Link

レベル帯がシルバーより明らかに上がってる。でもガードで余裕

 

現在の戦績、40勝 2敗。

ゴールド昇格時の戦績が27勝 1敗だったので、ゴールドの戦績は13勝 1敗。圧巻である。

 

そしてその1敗はなんと…

初戦、ミスってオートバトル設定のまま入ってしまった。ロボトル開始直後にオート解除したんだけども、最初のターン、射撃構成パーティを相手に格闘ガードで4ターン眠ってしまい詰み。残念。ミスは仕方ないね。

…というかメダリーグでオートなんて普通しないだろ!? 自動で解除しとけよ!?って思ったけど落ち着きます。自分のミスに反省です。

まぁこういう初歩的なミスなんで、実質、全勝ですね。実質ね。うん。

 

で、そんなゴールドリーグでの対戦で分かったこと。

  • 平均パーツレベルは60
  • 平均メダルレベルは80程度。100~150も数人いた
  • サンダー、フリーズ、ウィルス等の補助アタッカー採用率が高くなってきた

平均メダルレベルがシルバーから明らかに上がってた。熟練度が上がるとその分強く、早くなるのでやっぱり手ごわい。

そしてほぼすべてのパーティに補助アタッカーがいた。補助アタッカー2体のパーティもあったけど、自分で使う時と違って攻撃対象にばらつきが出ずあんまり機能していなかったように思う。というより普通に格闘ガードで止まるし、先にサンダー&高火力で潰せばいいのでそんなに手ごわくはなかった。

 

シルバーリーグと変わらなかった点。

  • アークビートル&ビーストマスターのダブル採用率の高さ
  • マップと相性の悪い脚部の組み合わせ(2~3割)

アクビーマスのコンビは本当にカモ。射撃ガード1つで完全にストップする。自分で使ったら強いのかもしれんが、相手として出てくると本当に楽。そりゃあ例えばストーリーラスボス級の高性能で暴れられると厳しいかもだけど、所詮はメダルもパーツも同レベル帯。ほとんど脅威になりません。

あとビーマスもそうだけど強い機体・レアなパーツだからと言って相性の壁は越えられない。草原マップと相性良くないのにビーマスの脚部(多脚)とか採用するのは微妙でしょう。

そういう意味でいうと、純正パーツ構成じゃなくビーマスの腕だけ採用、脚部はハイブリッダーみたいな相性や役割等を重視した機体を使ってるパーティはやっぱり強かった。

パーティ紹介。ほぼシルバーと同じ構築

ゴールドリーグに挑んだパーティの紹介。シルバー時のパーティとほぼ同じ。

ガード要員、補助アタッカー、エースアタッカーの構築。

基本戦術は、先手でガード要員が射撃or格闘ガード、次に補助アタッカーがサンダーショットで停止&回避不可を付与、最後にエースアタッカーで脚部破壊の流れ。

次のターン以降も脚部破壊優先、手数で勝ちに行く戦術。射撃ガードを貼られた場合は補助アタッカーのバグで解除させていく形。

 

高速ガード要員

ほぼ前回のまま。装甲目的で選んでいた右腕パーツを変更。接戦になった際の試合終盤、装甲の薄くなった相手パーツを壊す目的で射撃ライフル(メタリボルバー)とした。

それとイージスメダルのレベルを1段上げて「まもる」熟練度を99に変更。安定で先手を取って壁貼れます。

 

高速補助アタッカー

前回から変更なし。ほんとに安定してる。アロウズのバグって回数も5と多いし充冷性能も優秀な気がするけど、上位互換とかあんのかな。

 

エースアタッカー

前回と変わらずアクビさん。相手の強さが上がってくるにつれ、両腕の装甲の低さが気になってきた。

相手に射撃パーティが多く、ガード要員が射撃ガードを貼ることが多い都合上、被ダメージは格闘であることが多い。アクビさんの脚部ファイアワークは格闘耐性が低いので脚部を変えようかと検討中。

それとライオンメダルも1段レベル上げて射撃熟練度を99にしよう。

 

最後に

報酬、相変わらずうますぎる…。ルビー70個も入った。ガチャろう。

プラチナの報酬も気になるね。ひとまずプラチナでもゴールドと同じパーティで潜る予定。

 

おまけ

ゴールドの相手に面白いパーティがいたので紹介。

1体がフルチャージ&チャージからメダフォース連発。残り2体が射撃&格闘ガード。メダフォースで勝ちに行くという戦術。最初は面白いなぁと思ったんだけど、いざ戦ってみると普通に強かった。

ガード要員2体も途中からガードを捨てメダフォース狙いに移行してきたし、完全にメダフォースで勝負を狙っているパーティ。

 

たしか1体目の機体はこんな構成だったはず。

射撃狙いかな?と思わせてひたすらフルチャージ&チャージからメダフォースという。

 

まず間違いなく通常攻撃で攻めてもじり貧になると分かったので、こちらも全員でチャージからメダフォース狙いに変更して応戦し、ギリギリ勝利。

こういう、戦術を考えて組まれたパーティと戦うのはやっぱり面白いね。今度パク…試してみようか。