リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【VC】ポケモンクリスタルひとまず殿堂入り。久しぶりにやると楽しいですね【3DS】

   - その他ゲーム

昨日始めたばかりのVC版ポケモンクリスタルですが、ひとまず殿堂入りしました。

図鑑集めや必要以上のレベル上げをやってないのでまぁまぁ早くクリアできた感じです。

クリア時間は13時間10分。

今回は、普段ストーリーでは使わないポケモンを使うようにしてみたので、その分戦闘の楽しさはありました。

使ったポケモンはこちら。

  • レアコイルLv37
  • ジュゴンLv37
  • サンドパンLv34
  • エアームドLv36
  • ベロリンガLv36
  • オーダイルLv40

御三家のオーダイルはまぁ良いとして、エアームド以外はストーリー初起用でした。

唯一「そらをとぶ」要因の選択肢が少なすぎてどうしてもかぶっちゃうので、エアームドだけは初起用ではありません。ポッポやホーホーじゃなかっただけましといった感じです。

また今回は、ひでん要因を作らず主要6体に覚えさせる形で進めたので、みんなひでん技持ちです。まさしくストーリー専用ですね(笑)

技マシン集めはしておらず、技教えなどもない状態なのでほぼレベル技です。正直ひどい有り様。でもそれをなんとか使い回して勝つのが楽しい。

そんな状態ですが、軽くそれぞれのポケモンを紹介します。

Sponsored Link

レアコイル Lv37

進化後のジバコイルともどもランダムフリーでは結構使いますが、ストーリーでは初めて使いました。

安定の鋼タイプなのでかなりの活躍。この時代は「悪タイプを半減」できるのでこれも大きかったです。

技はこんな感じ。

主要技がまさかの「でんきショック」。

この時代はレベルアップや技マシンでも「でんじほう」や「かみなり」しかないのでしょうがないですね。技教えおやじは殿堂入り後ですし。

ただそれでも、特攻種族値120かつ持ち物「じしゃく」のおかげでパワー不足感はほとんどなかったです。

鋼タイプ特有の耐久力と「でんじは」からのひでん「フラッシュ」で高レベル相手でも常に大活躍でした。

「ちょうおんぱ」は命中率が低すぎて不採用。

ジュゴン Lv37

初めて使いました。ランダムフリーでも使ったことないポケモン。

HP90、防御80、特防95と、意外と耐久種族値は高いんですね。

ひでんの「うずしお」「たきのぼり」両方を覚える使ったことのないポケモン、ということで起用しました。

・・・じゃあひでん要因じゃん(笑)って感じですが、意外と活躍。

イツキのポケモンが繰り出す「サイコキネシス」や、ワタルのカイリューの「はかいこうせん」など、普通に耐えてくれます。意外に高い耐久力。

とけないこおりを持たせれば「オーロラビーム」でも計算できる攻撃になりました。

間違って「なきごえ」を消してしまったことが悔やまれます。残ってればもっと活躍できたはず。

サンドパン Lv34

赤緑時代に1回だけ使ったことのあるポケモン。

攻撃種族値100、防御種族値110と、物理面では意外と頼りになりました。

まさかのまるころ型です(笑)

「まるくなる」の後に「ころがる」を使うとダメージが2倍になるという有名なコンボですね。

対人戦ではあまり使いきれない戦法ですが、ストーリーでは結構使えました。四天王戦では沈黙しましたが。

誤算だったのは、この時代のサンドパンはレベルアップで「すなかけ」しかじめん技を覚えないという衝撃の事実。チャンピオンロードで技マシン「じしん」を拾うまでパワー不足感が否めませんでした。

ただし「すなかけ」や技マシン「どろかけ」による命中率Down要員としては大活躍。でんき技の交換受けとしても活きました。

Sponsored Link

エアームド Lv36

技を整えられませんでしたが、安定の耐久力を誇るので壁役として大活躍。

持ち物ピンクのリボンは他に持てる物がなかったので適当です。

「そらをとぶ」「いあいぎり」が圧倒的な存在感を放っていますね。

主要メンバーにひでん技を覚えさせる形で進めたのでしょうがない。とはいえ、「そらをとぶ」は普通に高火力なので役立ちました。

攻撃を余裕で受けながら「すなかけ」しまくる戦法は、レアコイルやサンドパンと合わせて必勝コンボでした。

四天王のキョウが織りなす、アリアドスの影分身→バトンタッチ→ベトベトンでちいさくなる・とけるの積みコンボを、ひとりで完封してしまう活躍。必中技も重要ですね。

ベロリンガ Lv36

ベロベルトすら使ったことないです。初めての起用。

たまたま野生で見つけて使ったことなかったのでゲットしてみた感じ。

が、この時代は技マシンで3色パンチがあり、これらを覚えるのでまぁまぁ活躍できました。パーティ唯一の炎タイプ技持ち。

耐久力もピカイチなので壁役としても優秀でした。

この時代の「かなしばり」命中率は55と低く、ついに一度も成功せぬまま殿堂入りしました。がっかり性能。

オーダイル Lv40

御三家枠。

四天王戦ではほぼ唯一のアタッカーでした。

持ち物しんぴのしずくからの「なみのり」は安定、カイリューへの冷凍パンチ、レアコイル達によるマヒ・命中率Down後の「かみつく」による怯み狙いなど大体最後に仕留める係でした。

最後に…セレビィや神速ミニリュウ

とりあえず殿堂入りまでは進めましたが、VCで固定エンカウントできるようになったセレビィや、「しんそく」を覚えたミニリュウイベントなどもやった上で終わろうと思います。

あとはカントー編やレッド戦などもありますね。

使ったことのないポケモン起用も楽しかったですが、単純に過去作プレイ自体が楽しかったですね。本当オススメです。

特性やあの技があれば楽なのに…っていう瞬間が多数でてきますが、逆に旧作ならではの楽しみ方が出来ると思いますよ。