リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【EFL杯決勝】イブラ2ゴールで マンU が大激戦を制し優勝!!!セインツ吉田も大奮闘!!

   

めちゃくちゃいい試合でした。激戦。
やっぱり決勝戦は両チームのFWが得点を決めあうような点取り合戦だと盛り上がりますね!!

2017/2/10
イングランド リーグ杯決勝
マンチェスターU × サンサンプトン

3-2でマンUが勝利!!

試合は最初から最後までめちゃくちゃいい勝負でした。
マンUはイブラが、セインツはガッビアディーニと吉田が大奮闘。

 

前半、ガッビアディーニが右サイドからのクロスに合わせて
早速先制点かと思われましたが、まさかのオフサイド判定。
ぎりぎりオンだっただけにマンUとしては助かった形ですね。

 

するとその後20分頃、ゴール前少し離れた25メートル程度のところから、
イブラヒモビッチがFKで直接ゴール
1-0。


コースも威力も素晴らしいゴールでした。
やはり優勝請負人。活躍しますね。

先制点の後もお互いに譲らない展開が続きましたが、追加点をあげたのもマンU。

左サイド、ポグバ・マルシャル・マタ・ロホの綺麗な連携から、
ゴール前フリーのリンガードが右隅へ落ち着いたシュート。2-0。

いい連携からの見事なゴールでした。
リンガードは大一番で毎度活躍していますね。

 

2点を先制したマンUでしたが、セインツも負けていません。

前半終了間際、オフサイドのシーンと似たような形でまたガッビアディーニ
右サイドからの落ち着いたクロスにGKの前でやさしく合わせてゴール。
2-1。

いい時間帯に点を取って折り返すと、後半開始直後にまたまたガッビアディーニ。

CKのこぼれ球をデイビスが頭で入れると、ふわりと上がったボールに対し
綺麗に回転しながら左足でダイレクトボレー。これは止められない。2-2
香川が以前こんなゴールを決めていた気がします。スーパーゴールですね

ここからの時間は同点に追いついたセインツが猛攻を見せ、
マンUが守備に追われる時間が続きます。
惜しいチャンスを何度も迎え、
守備では吉田が奮闘しイブラやリンガードなどを抑え続けます。
海外の反応ではガッビアディーニと並んでMVP級の扱いを受けてますね。

 

が、ここで決められなかったのが痛かったか。試合を決める決勝点をマンUが叩き込みます。

試合終了間際の87分、
カウンターからエレーラのクロスに中央フリーのイブラがヘディングでゴール
3-2。

いやぁさすが。こういう所でしっかり決めるのがエースですね。

試合はこのまま終了し、3-2でマンUが優勝を決めました。

マンUは正直、守備が全く良くなかったです。特にロホ。
また、ポグバが前にですぎて中盤にスペースがあきまくり。
タディッチなどに有効活用されていましたね。
途中マタに変えてキャリックが入りましたが、これをケアするためでしょう。

それでも守備崩壊とならなかったのは単純にセインツの問題だったと思います。
ガッビアディーニは移籍してからずっと活躍していますが
彼以外がゴール欠乏症となっている状況は変わらず。
他の選手にゴールの雰囲気がうかがえないようではいかんですね。

なにはともあれ、マンU優勝です!!
特別マンUファンではありませんが、
今期はなぜか応援したくなるチームの1つだっただけに非常にうれしい。

リーグはチェルシー独走で難しいですが、
この調子でFAカップやELでもタイトルを狙ってほしいですね。