リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【FIFA15】特性スキルドリブルの使い道(キャリアモード:選手)

      2017/02/25

特性「スキルドリブル
スキルドリブルが可能になる。

capture0528

ボールスキルのチャレンジ10個クリアで解除される特性ですね。
中盤から前のポジションであれば10試合程度、序盤に解除されると思います。

スキルムーブのレベルに応じて各種スキルが可能になりますね。
ドリブラーって中々ひとくくりには出来ないですよね。
相手を抜いていくドリブルだったり、シュートフェイントのための
ドリブルだったり、見る方によって定義は変わる気がします。

柔らかいタッチで抜いていくイニエスタやメッシ、
テクニックで抜くネイマールやディ・マリア、
強いフィジカルも使って強引にも抜き去れるリベリーやアザール等々、
色の違う良いドリブラーはたくさんいますね。

ではでは特性スキルドリブルの使い道。

選手がドリブラーかどうか、やはりこれが一番重要なポイントですね。
ドリブラーの選手であればドリブル能力90超えも可能です。

ドリブラーであれば、普通にドリブルで抜くチャレンジをすべてクリアする
だけでもドリブル能力は87までいきます。
スキルドリブルで抜くチャレンジを合わせれば93くらいまでいきますかね。

ドリブラーとして巧みなテクニックで相手をかわしていきたいという方は
まず必須な特性でしょう。
スキルムーブのレベルに応じたテクニックができるというものですので、
特性を手に入れても最初から何でもできるわけじゃないことに注意です。

caputure2015112603

と言いつつも、今回の話はキャリアモード:選手。
CPU相手となるとはっきり言ってほとんど不要でもあります。
CPU相手なら逆をつくだけで抜き去ることができるからです。

意外とゲームでは、ひたすらに逆をつき続けるメッシのような
ドリブルの方が簡単だったりするんですね(笑)
慣れればCPUだけじゃなく対人相手でも全然通用します。

ドリブル能力は82以上ほどあればだいぶしなやかになるので特別上げきる必要もありません。
身長168以下となればほぼメッシクラスです。キレッキレです。

キャリア:選手を考えない場合、FIFA15を問わず、
サッカーゲームにおいて何よりもテクニックの象徴となるのがスキルドリブルですね。

どんなに試合に勝つのがうまくてもスキルドリブルは出来ない、という方も多いと思います。
勝敗に大きく関わるわけじゃないので出来なくちゃいけないものでもないですからね。

個人の楽しむレベルに合わせて極めるのが良いでしょう。
CPU戦はいい練習場ですからね(笑)。