リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【FIFA15】特性アウトサイドシューターの使い道(キャリアモード:選手)

 

特性「アウトサイドシューター
アウトサイドキックがより大きく曲がるようになる。

capture0528

ボールスキルのチャレンジ15個クリアで解除される特性ですね。
攻撃的ポジションの選手であれば15~20試合くらいで解除されますかね。

シュートやパスでアウトサイドキックの頻度が上がり
より曲がるようになります。特にシュートの場合は
逆足での打ち損じが減るのでいいですね。

元レアルのロベルト・カルロスやチェルシーのオスカルなど
実際の試合で華麗なアウトサイドシュートを見ると
ぜひともゲームでも使ってみたくなりますよね。

それでは、アウトサイドシューターの使い道。

この特性を使うかどうかは、好みに大きく左右されますね。

ほとんどの場合アウトサイドは利き足でします。
右利きなら右足で、左利きなら左足ですることが多いです。

ここから生まれるデメリットは、
逆足能力が上がりづらくなること。

逆足でゴール、逆足でPA外からのゴール、逆足でボレー、
などなど逆足能力を上げる方法は逆足でのプレイが必須です。
(当たり前っちゃ当たり前ですね)

なので、アウトサイドシューターを使うと
逆足能力を上げるのに多少時間をかけることになります。
ボールとのタイミングを測って逆足で蹴ることももちろんできますが、
とっさのタイミングでシュートすることも多いですからね。

caputure2015112608

…と、逆足能力が上がりづらくなるデメリットがあるわけですが、
そもそも逆足能力をあげなくちゃならない理由もないんですよね。
逆足を使えてもシュートが良くなるくらいで
めちゃくちゃプレーの幅が広がるわけではありません。

逆足でも綺麗にシュート打てる方が好き、華麗なアウトサイドが好き、
これらを天秤にかけてといったところでしょう。
どちらも欲しければ逆足能力がある程度ついてから
アウトサイドシューターを使えば良いと思います。

ちなみに私は他に使える特性がなければ使うくらいですかね。
選択できる特性は5つまでなので、他の特性の優先度などを
考えて好みで使い分けるのが良いと思います。