リプログ

主の趣味と息抜きに満ちた雑記ブログでございます。暮らしのためになる便利な情報や、主の経験談・趣味のゲーム情報を備忘録として共有します。

*

【TES:ブレイズ】街の再建と装備の充実。火炎球は絶対取るべき。

 

引き続きエルダースクロールズ:ブレイズ、やり込んでおります。

やるにつれて装備や材料、建材などが溜まっていきいよいよ面白くなってきました。

Sponsored Link

クエストで素材を集め、街の再建が進む

クエスト(任務)をクリアしていくと素材が集まります。いわゆる薬の材料意外にも、木材などの建材も手に入ります。これを使って街に建物を立て直していけるようです。

 

最初に建てるのは庁舎。廃墟と化した庁舎を新しく立て直します。

 

探索で集めた石灰岩、木材、鉄の鉱石を使います。

 

すごい良い感じ。TESシリーズっぽい味のある建物ですね。庁舎は保管庫としても使えるとのこと。

 

このタイミングで街の名前?を決められるようですね。ひとまずはデフォルトのままにしておきました。

 

リバークレスト

 

建てた建物はさらに建材を使うことでアップグレードしていけます。これは楽しみですね。庁舎以外の建物は好きな場所に建てられるので、自分好みの街並みを作れます。

 

 

その後もクエストをこなし建材を集め、次は鍛冶屋を作ってみました。

 

さっそく初めてのクラフト要素を触ってみます。

 

どうやら武器や防具の売買だけでなく、分解も出来るとのこと。鉄のロングソードから鉄インゴットを抽出できました。

 

もちろん製作も可能。材料とゴールドさえあれば装備を作れます。さっそくTES序盤の装備と言えば、ということで皮や鉄の装備を作ってみました。

 

探索中に宝箱から手に入れた炎エンチャント付きの大槌。これがまた強いんですほんと。

 

火炎球がマジで強い。最初に必ず取るべき。

Sponsored Link

 

屋外の探索クエストです。木材も豊富。

 

で、ここで早くも「スプリガン」登場。早くない?スプリガンは強すぎない?

 

ここでチュートリアルが入りました。今作では相手HPの下に武器や属性のマークがついていて、これが弱点を表しているようです。良心的ですね。

 

スプリガンの弱点は斧などの斬撃と炎。直前にもらった斧に切り替え、魔法:火炎球と合わせて戦っていきます。弱点を突いてもやっぱりスプリガンは強かったですがなんとか攻略できました。

 

やっぱりこういう丁度いいバランスというか、適度に難しいのがTESっぽくていいですよね。

 

スプリガン以外にも火炎球が有効な敵は序盤めちゃくちゃ多いです。しかもこの火炎球、炎症効果で持続ダメージも入るようなので想像以上にダメージが入ります。マジカ管理も比較的楽なので、序盤は絶対火炎球を取るべきだと思います。

また火炎球に限らず、魔法は複数の敵が近くにいる(一気に複数の敵が襲ってくる)と、1回の魔法で全員まとめてダメージを与えることできます。ダメージ効率が明らかに変わるので取らない手はないでしょう。

 

装備も充実してきましたし、魔法やアビリティのスキルツリーも少しずつ取れてきました。クラフト要素も解放されてどんどん幅が広がっていきます。そろそろ大型の敵なんかも倒してみたいですねぇ。