リプログ

主の趣味と息抜きに満ちた雑記ブログでございます。暮らしのためになる便利な情報や、主の経験談・趣味のゲーム情報を備忘録として共有します。

*

【原神】氷元素の使い手「ガイア」氏。仲間になる。

 

   - 原神プレイ・攻略

絶賛原神プレイ中。面白すぎる。

 

前回は騎士団全員と出会い、アンバーちゃんと一緒に最初の神殿(鷹の神殿)をクリアしたところまで。

 

アンバーちゃんの炎元素が強すぎる件。敵のレベルも高い件。

 

新たなキャラクターが仲間になるのではないか、そんな期待を抱きながら次の神殿を目指していきます。

 

で、近辺の敵や宝箱などを漁りながらやっていくわけですが、この辺りはマジで炎元素が強い

 

草を燃やして継続ダメージを与えたり、敵が持っている盾が木製なので盾ごと燃やしてやったり…。アンバーちゃんで無双できます。

 

ただ、例えば「鉄の塊」が取れる鉱脈など、主人公の剣攻撃じゃなければ壊せないものもあるようで。

 

こういうところのキャラクターバランス、キャラチェンジシステムの使いまわし具合がまた面白いところですね。

 

でもアンバーちゃんの△攻撃、こんな火炎曲射みたいな真似されちゃあさ、主人公の出番なんてないわけですよ。強すぎる。

 

ただ、最初の神殿をクリアしたあとから、一気に敵のレベルが上がってきますね

鷹の神殿クリア段階でこちらのレベルは最高5。でも敵のレベルは普通に9とか出てきます。

 

正直、全然余裕で勝てます。普通に殴りまくってコンボ当ててとかで無傷勝利できます。でも念のため敵のレベル帯を同じところまではあげておきたいですよね。

 

ということで、道中で頻繁に手に入る経験値取得アイテムを使ってレベルアップしていきます

 

宝箱などから出てくる「冒険者の経験」などのアイテムはキャラクター画面から使えます。頻繁に出てくるのであっさりとレベル10まで上げられました。敵のレベル帯と同じところまで上げれれば事故死の確率も減るでしょう。

 

それと、ここらで聖遺物の装備も調整していきます。

 

聖遺物の装備(アクセサリー的な)は全部で5種類、花・羽・砂・杯・冠と、各種アクセサリーを拾って装備できます。例えば「冒険者の金杯」など。

 

で、これらにはセットボーナスがあるようで、冒険者の金杯・羽など同じ冒険者シリーズで揃えるとボーナス効果を得られるんですね。純粋にレアな装備を付けるより、セットボーナスを狙った方が強くなれる場合もあるので、このあたりはアイテム説明欄などを見ながら調整していきべきでしょう。

 

レベルも装備も整えたところで次の神殿を目指します。 あ、ちなみに主人公は放置しちゃってます…。アンバーちゃんさえ強けりゃそれでいいんじゃね…?

 

元素を使った謎解きと、次の神殿攻略

Sponsored Link

 

次の神殿を目指す道中、封印された宝箱を発見しました。

 

炎元素の封印が張られているようですが… 謎解き?

 

色々周りを調べてみると、すぐ分かりました。

蝋燭台というか、松明台みたいなものがところどころ設置されているんですね。これらすべてに炎元素攻撃で明かりを灯してやれば…

 

この通り、宝箱の封印を解いて開けることが出来ました!! こういうシンプルな謎解き、面白くて良いですね。キャラクターの性能をうまい事利用していなくてはなりません。ということは主人公にも出番があるのか…?

 

そうこう言っているうちに次の神殿へ到着。

 

ガイア氏がいました。彼と攻略していく感じみたいですね。

 

相変わらず、彼の喋りはどこか棒読み感があります。もっと感情こめろや。

 

北風と狼の神殿、いざ入場。

 

そしていきなりテンションの上がる出来事が。

 

ガイア氏、プレイアブルキャラとして仲間になりました。すげぇ。カッコいい。

 

氷元素の使い手。水にぬれた敵を凍結させて戦うことができます。

 

氷タイプと言えばイケメン、そんな風潮ってやっぱりあるのかな?あっさり割られたりして無能の気配がするけど…。

 

そんなことなかったわ。

水たまりを凍らせて歩けるようにしたり、敵をまとめて凍結させ一方的に攻撃したり、普通に有能。つか使ってて楽しい

 

謎解きや敵を倒しながら、北風と狼の神殿、余裕のクリア。簡単でした。

 

そして、また謎のイケメン野郎が現れたところでこの神殿は終了。こういう匂わせぶりな態度、嫌いだぜ。

 

ガイア氏が仲間に!!

神殿から出ると、正式にガイア氏が仲間になりました

 

氷元素使い。良いですね。単純に面白いですし、またキャラクターが増えたことで戦闘切り替えの楽しみが広がります。

 

経験値上げアイテムを使ってあっさりレベル10にし、即戦力として使っていきます。

 

んでんで、恐らくは大人のお姉さん型美人「リサさん」が待っているであろう次の神殿を、ワクワクしながら目指していきましょう。