リプログ

趣味と息抜きに満ちた雑記ブログでございます

*

いよいよレジェンドリーグへ到達!! レートまでの道のり長すぎでは?【メダロットS】

 

   - ゲームいろいろ

ダイヤモンドリーグ突破してやったぜ…。勝率は良かったんだが、ただただ長かった…。

幾多の強者を乗り越え、修羅の国レジェンドへ入国します。

の前に、レジェンドまで使ってきたパーティの構成や、ダイヤモンドリーグの情報について情報共有おば。

Sponsored Link

ダイヤモンドリーグのレベルはプラチナと同じ

 

現在の戦績、81勝 9敗。

ダイヤモンド昇格時の戦績が57勝 6敗だったので、ダイヤモンドでの戦績は24勝 3敗。

※本来は25勝必要だが、昇格時の連勝ボーナス、ジャイアントキリングなどで勝ち星を増やせた

 

ダイヤモンドリーグで分かったこと

  • 連勝ボーナスがない。なので25勝程度しないと上にいけない
  • 平均パーツレベル60~75。稀に90
  • メダルレベルは100~150

レベル帯、パーティ構成などはプラチナと変わらず。30戦近くやったがカンスト勢はめったに見なかった。

なのでプラチナを突破できる力があればダイヤモンドも突破できる(現環境では)。

 

よく見るパーティ構成(ダイアモンドリーグ以下全般)

  • アークビートル 、ビーストマスター、メタビー、クロスメサイア(頭と脚部)
  • サンダー、フリーズ、バグなど搭載の補助アタッカー

アクビとビーマスはもうスタンダードだね(笑)。パーティに絶対どちらか1体がいる。後述しますが私のパーティにもアクビはいる。対策必須の現最強メダでしょう。

補助アタッカーもたくさんいるのは予想できたんだけど、「ガード要員」をたまにしか見かけなかったのが意外だった。完全防御ってめちゃくちゃ強いのに。不思議。

Sponsored Link

ここまでで一番強かった相手パーティ

先日も軽く書いたが、1体がフルチャージ&メダフォース(MF)、残り2体が射撃・格闘ガード のパーティがこれまでで一番強かった。

ダイヤモンドリーグでも1度だけ対戦。その相手がすごくいい戦術をとっていたので紹介。

  • 1体目:フルチャージ、MF、貫通攻撃パーツ
  • 2体目:射撃ガード
  • 3体目:格闘ガード

2・3体目はいいとして、1体目の行動パターンが非常に秀逸。以下の通り。

  • 1ターン目:フルチャージ
  • 2ターン目:MFノンイバーシブ ※相手全員を回避・防御不可とする強MF
  • 3ターン目以降:貫通性能持ちのパワーライフルで相手メダロットを全員一発KO

ノンイバーシブで回避・防御不可となった後、メダルの熟練度99、パーツレベル60以上の貫通攻撃を食らうとまず間違いなく頭パーツまで壊れて一発KOになる。今回使われたのは左腕パーツ:モーゼ。

アクビやビーマスのパーツじゃなくても一発なので相当強い(モーゼも十分強いパーツだけど)。回避不可になっているのでビーム・レーザーでも十分強いのだが、チャージゲージを一定数貯めないと火力UPしないのが難点。

その点、パワーライフルは脚部さえ無事なら最初から火力UPなのでこのパーティ構成にほんとにあってる。

 

こちらもすぐに対策をとり、全員でチャージからMFを撃つ方向に戦法を変えたが一歩間に合わず。全員一発KOされちゃいました。いやぁ本当にいい戦術だった。レジェンドついたので今度絶対真似しよう(笑)

パーティ紹介

結果的にブロンズリーグからほとんど変更なしでした。

ガード要員、補助アタッカー、エースアタッカーのパーティ構成。リーダーは狙われにくい補助アタッカーに設定。

基本戦術は以下。

  • ガード要員が射撃or格闘ガード
  • 補助アタッカーが、ガードできない相手にサンダー
  • エースアタッカーでサンダーを受けた相手のパーツ破壊
  • 相手がガードできる機体だけになったら一方的にボコすだけ

脚部破壊優先、手数で勝ちに行く戦術。仮に射撃ガードを貼られた場合、補助アタッカーが持つバグで解除する。

ガード要員。速さを重視

  • メダル:イージス Lv.110(まもる熟練度99)
  • メダロッター:スルメ Lv.20
  • パーツ:全てLv.60

デストロイが怖いので射撃ガードは左腕に装備(マケレルシールド)。頭は格闘ガード(バンピロテウテス)。

残り一つのパーツは終盤のとどめ用。なるべく装甲地の高い攻撃パーツで。※全く使う機会なかった

脚部はマップと相性がよく、持っているパーツで最も充冷が高いハイブリッダー(クロスメサイアの脚部)。これとスルメの組み合わせで誰よりも早くガードを貼れる。

イージスメダルのMFはどれも優秀なので先頭終盤で放つこともある。安定して強かった。レジェンドでも使う予定。

補助アタッカー。足止め最優先。

  • メダル:サンダー Lv.120(しゃげき熟練度99)
  • メダロッター:ヒサキ Lv.4 → ユウキ Lv.10
  • パーツ:全てLv.60

両腕の射撃サンダーショット(エクレール・リュミエール)がメイン。相手の足止め最優先で、すでにサンダーがかかっている機体は狙わないように動く。頭パーツの格闘バグ(アロウズ)は相手の射撃ガード解除用。

脚部破壊を狙いたいので性格パワーのサンダーメダルを選択。MFライトニングも強い。

脚部はマップと相性がよく、持っているパーツで最も充冷が高いムッチンプリン。正直プラチナ入ってからは普通に遅い方だったので別パーツが欲しい。

メダロッターは冷却UP目的でヒサキを使っていたが、ダイヤモンドに入って以降、高レベル帯の相手に対してバグ・サンダーが成功しないことが増えたため、成功UP目的でユウキに変更。

エースアタッカー。現最強各のアークビートル

  • メダル:ライオン Lv.110(しゃげき熟練度99)
  • メダロッター:アズマ Lv.13
  • パーツ:全てLv.60

どのパーツも強い。頭と右腕が特に強い。ほぼすべての相手に1発でパーツ破壊を狙える現環境最強格のアークビートルさん。

メダルは脚部狙いで性格パワーのライオン。MFはほとんど使わなかった。というかライオンのMF微妙な気がする。変えるか。

あと脚部も変えたい。射撃ガードで射撃攻撃は防げるので、格闘耐性が高い脚部が手に入ったら変えたい(アクビの脚部は格闘耐性低め)。

あと左腕のメガガトリングの使用頻度もかなり低いので補助パーツに変えたいところ。

苦情:レジェンドまで長すぎでは?

ただの苦情ですが(笑)

ダイヤモンドリーグは連勝ボーナスがないので、最低でも25勝しないとレジェンドに上がれない。しかも負けたら勝ち星が減るので本当に勝ち続けないといけない。

この点は本当に雑な仕様だと思う。上にいくほど勝つのが難しくなるのが普通なので、逆に上にいくほど要求勝利数は少なくしないといけないのでは(ポケモンのランクマッチがいい例かと)。

過去リーグも含めると100戦近くやらなければレート戦に潜れないなんて異常だよね…。

この画像でもわかる通り、レジェンド到達時のランキングは9671位タイ。

おかしくない?もうメダリーグ始まって五日目、プレイ人口数万~数十万いるのにレート参戦者が1万前後しかいないなんて。

次のシーズンでは前シーズンの4つ下のクラスかららしいけど、それでも初回がこんなに厳しいと新規が増えない気が…。

調整されないかなぁ。