リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【Getting Over It】発狂することで有名な壺のゲームやってみました【Steam】

   - その他ゲーム

Getting Over Itプレイしてみました。Youtubeなどでたくさんの発狂動画があがってますよね。

あの方々には申し訳ないですが、久しぶりに腹筋が痛くなるくらい笑わせてもらいました。

ピッケルでひたすら上に登っていくだけのゲームなんですが、いくつかの発狂ポイントがあるようで。

  • 思った通りにピッケルが操作できず、移動が難しい
  • 一回のミスや思わぬ移動で最初の地点まで転げ落ちることがある
  • ナレーションが煽ってくる

長時間かけて頑張って登ったのに最初の地点に戻される、これを見事に表現してる動画が溢れてます(笑)

ただ、そんな難しいゲームでもRTA(リアルタイムアタック)とかされてるくらい攻略も進んでいるみたいです。

そんなたくさんの動画を見てると「あんまり難しくなさそう」に感じたので私もやってみました。

ステージは一つ?操作方法がきっつい

ゲームはSteamで購入。820円。

今のところ?ステージは一つだけみたいですね。

操作はマウス移動のみ。

…これが邪悪な要素なんですね。てっきりクリックで引っかけるものかと思いこんじゃってました。

マウスカーソルを動かすだけで勝手にピッケルが引っかかるので、思わぬ移動が頻発。

まさかカーソル移動に神経を使うゲームだったとは。イライラ棒的なノリですね。こりゃ発狂するのもうなづけます。

ゲーミングマウスとか使ってる人は「カーソル移動速度」を遅くしておいた方が無難かもしれません(笑)

プレイ感想。発狂というより腕が…

初プレイから15分ほどで一旦終了しました。

いえ、クリアはしていません。

発狂して投げ出したというわけでもなく、腕の筋肉痛で終了しました(笑)

めっちゃきついです。

扇形を描くように左から右、上から下、またその逆と、マウス操作が結構しんどい。

適当に動かしたら勝手にぶっ飛んじゃいますし、丁寧に動かしてると腕にきちゃいました。

慣れてコツさえつかめばある程度簡単に進むので、今のところまぁまぁ行けそうな印象。前もって動画見てたのが大きいのかもしれません。

さてさてクリアは何時間後になるのか…。

Sponsored Link

正直、820円で1ステージだけ、っていうのはなかなか物足りない感ありますし、ちょっと気になるだけなら動画見て笑って終わるだけに済ませておいた方がいいかも。

発狂ゲームに挑戦したいなら話は別ですが(笑)