リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【skyrim】「弓術」を100までレベル上げ(訓練、パーク一覧、イベントなど備忘録)

 

スカイリム弓術スキルについてのまとめ。

弓術 パーク一覧

要スキルレベルの低い順。
個別説明は後述。

1) Overdraw(オーバードロー)
2) Critical Shot(クリティカルショット)
3) Eagle Eye(鷲の目)
4) Steady Hand(冷静沈着)
5) Hunter’s Discipline(狩人の規律)
6) Power Shot(パワーショット)
7) Ranger(レンジャー)
8) Quick Shot(クイックショット)
9) Bullseye(急所狙い)

パーク個別説明

Overdraw(オーバードロー)

◆必要スキルレベル
0,20,40,60,80
◆効 果
弓ダメージ20,40,60,80,100%上昇

序盤は1~2でとどめていいと思います
+60%でも武器が弱いとダメージ上昇+10程度にしかなりません。
他の重要スキルが取れた後、鍛冶や付呪の強化と合わせてとるべきでしょう。

Critical Shot(クリティカルショット)

◆必要パーク
Overdraw(オーバードロー)
◆必要スキルレベル
30,60,90
◆効果
1) 10%の確率でクリティカル発生
2) 15%の確率で25%分の追加ダメージクリティカル発生
3) 25%の確率で50%分の追加ダメージクリティカル発生

個人的には一番いらないです。
次のパークをとるために1つ取るだけで十分。
弓は不意打ちが多いですし、直接戦闘でも他のパークの方が優先度高め。
弓を極めたいなら最後に取得するくらいでOKでしょう。

Eagle Eye(鷲の目)

◆必要パーク
Overdraw(オーバードロー)
◆必要スキルレベル
30
◆効果
弓で狙ったときにズームが可能になる

必須スキルの一つだと思います。
特に不意打ちや遠距離戦で役立ちます。
射撃系ゲームでエイムしたくなる人は感覚的にも必須かもしれません。

Steady Hand(冷静沈着)

◆必要パーク
Eagle Eye(鷲の目)
◆必要スキルレベル
40,60
◆効果
ズーム時に時間が25,50%遅くなる(スローになる)

不意打ちや乱戦で活きますね。
必要かどうかは好みですが便利なパークです。

Hunter’s Discipline(狩人の規律)

◆必要パーク
Critical Shot(クリティカルショット)
◆必要スキルレベル
50
◆効果
死体から矢を2倍多く回収できる

なかなかお得感を感じられるパークですが、
DLC:ドーンガードが入っているかどうかで有用度が変わります。
ドーンガードを入れると鍛冶で矢を作れるようになります。
強い矢でも容易に大量生産できるため矢の数を気にしなくなってしまいます。

Power Shot(パワーショット)

◆必要パーク
Eagle Eye(鷲の目)
◆必要スキルレベル
50
◆効果
弓攻撃時、相手がよろめく(大型の敵には確率50%)

逃げうちが容易になります。必須パーク
大型の敵には確率50%とはいえ、これがあれば巨人が怖くなくなります。
というかほとんどの敵に無双できます
弓メインでいくなら早いうちに取得したいパークです。

Ranger(レンジャー)

◆必要パーク
Hunter’s Discipline(狩人の規律)
◆必要スキルレベル
60
◆効果
弓を引いた状態での移動速度上昇

攻撃しながら逃げたりかわしたりできるので必須ですね。
パワーショットもあればほぼ捕まらなくなります。

Quick Shot(クイックショット)

◆必要パーク
Power Shot(パワーショット)
◆必要スキルレベル
70
◆効果
弓を引く速度が30%上昇

感覚的にはそこまで変わりませんが、少し早くなります。
これもまたパワーショットと合わせれば強い。

Bullseye(急所狙い)

◆必要パーク
Ranger または Quick Shot
◆必要スキルレベル
100
◆効果
15%の確率で敵を数秒 麻痺させる

必要スキルレベルMaxなだけあって若干チート級のパークですね。
が、そもそもこれを取るレベルまでには大半の方が錬金術で麻痺薬を作っていると思います。
攻撃力も上がっているでしょうし、雑魚的相手ならそこまで便利には感じないかもしれませんね。

スキルレベル上げ

訓練(スキルトレーナー)

仲間にして一緒に行動したり荷物を交換できるNPCがいます。
比較的簡単にスキルレベルを上げられますので、ぜひ利用しましょう。

彼らを利用すると、
訓練(お金払う) → 荷物交換でお金返してもらう→訓練…
お金の浪費なしで訓練を繰り返すことができます

なお、訓練は1レベルにつき5回までとなっています。
(しかも全スキル合わせて5回)
5回やったら一度レベルを上げないと訓練できませんので注意です。
また、連続してレベルが上がった場合、
その間の訓練ができず無駄になってしまうので
なるべく1レベルごとに訓練5回をしっかりこなしたいですね。

ファエンダル

イバ―ウッドにいるダークエルフの男性
ゲーム開始直後から仲間にできる
スキルレベル50まで訓練可能

Lv.1からの場合、5回訓練するとレベルアップ→また5回訓練してレベルアップ…
のように繰り返せるので簡単にスキルレベルを上げることができます。

アエラ(同胞団)

ホワイトランにいる同胞団の女性
同胞団に加入したら仲間にできる
スキルレベル75まで訓練可能

同胞団クエストを進める必要があるのが面倒ですね。

ニルイン(盗賊ギルド)

リフテンの盗賊ギルドにいる男性
盗賊ギルドへの加入が必要です。(確か)
スキルレベル90まで訓練可能

盗賊ギルドクエストを進める必要があります。

 

私はアエラ・ニルインはあまり利用したことないです。
ファエンダルで50まであげたら、あとは各地を転々としたりクエストをこなすだけで
90近くまであげられますので、そんなに利用価値はないかも。
アエラは美人だからという理由で仲間にすることはある。


アンジーの弓訓練イベント

「アンジーの野営地」で訓練イベントがあります。
簡単な訓練(5分程度)でLv.6アップ可能
小屋に弓術スキル本があるのでさらにLv.1アップ可能。
Lv.75以上になってから利用する方が効率が良いですね。
この場所はファルクリースの南、山を登った山中にあります。

各地の弓術スキル本

skyrim各地に5種類あります。(たぶん5種類)
なるべく訓練を終えたあとの後半のレベル上げに使いたいですね。

弓と合わせて使いたいもの

薬(錬金術)

特に麻痺毒があれば心強いですね。
距離を詰められた際に逃げる時、
または至近距離からたたみかける時など弓とは相性が良いです。
矢を外すと薬を無駄にしてしまう点だけは注意ですね。

麻痺毒は以下の材料で錬金できます。
○木椅子キノコ
○カニスの根
○ブライア・ハート
○沼の群生キノコ
など

隠密スキルの不意打ちパーク

弓は標準で不意打ちダメージ2倍ですが、
隠密スキルのパークで不意打ちダメージ3倍にできます
弓使いの多くは暗殺メインだと思いますし、ほぼ必須となるパークかもしれません。

鍛冶スキル

弓だけではありませんが、武器を強くしたいなら必須。
パークを取らなくてもスキルレベルの高さが強化に大きく響くため、
序盤はスキルレベルだけでも上げておきましょう
オオカミやクマ、タイガーをひたすら狩って皮を集め、
革の兜を大量生産するのが簡単です。(皮は購入でも可)
当然、鉄のダガーでも良いですね。

付呪スキル

こちらも鍛冶と並んで重要スキル。
籠手(腕装備)や指輪、ネックレスなどに
弓ダメージ+30%」などを付けるだけで大きく変わります。パークは特に取らなくても、
10~20%上昇程度なら低いスキルレベルでも作れるのでなるべく上げておきたいですね。

その他

大守護石

なるべく早く弓術スキルレベルを上げたいなら、
戦士の石碑」の恩恵を受けにいきましょう。
戦士系スキルの上昇速度が+20%となります。これには弓術も含まれます。
この石碑は序盤リバーウッドまでの道中にありますね。

また、隠密など他のスキルも合わせてなら
恋人の石碑」の恩恵を受けにいきましょう。
全てのスキル上昇速度が+15%となります。
この石碑はちょっと遠く、マルカルスの東の方にあります。

その他

細かい部分は覚えてませんが
・難易度ノーマル
・弓の攻撃力(ダメージ)200以上
・黒檀の矢 以上の矢
・弓スキルのパーク全取得
・不意打ちダメージ3倍パーク取得
の状態であれば、
ドラゴンプリーストが不意打ち2~3発で倒せます
その他大抵の敵は一撃です。

ちなみに、
skyrimをプレイされている方には
それぞれ好きなクエストがあると思いますが、私が好きなのは戦争クエストです。
帝国側、ストームクローク側どちらがいいかではなく、
単純に多人数vs多人数での戦いが面白いですよね。
skyrimではあまりないシチュエーションだと思います。

敵味方入り混じっての大戦争のなか、
弓で敵兵を屠っていくのは最高に面白いですよ。
本当オススメです。
城の上から狙うのも、一撃で仕留める弓と強固な鎧をもって特攻するのもどちらも楽しい。
個人的には後者がオススメ。

最後に

弓は強くなりすぎると本当にヌルゲー化してしまいます。
破壊魔法なんかと比べるとバランス崩壊しまくりですね(笑)
まぁサクサク進められるので、
マップ穴埋めや全ダンジョン攻略などを早く進めたい方にはいいと思います。