リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【CL16-17】 アーセナル 、またまたバイエルンに大敗…2試合連続で1-5、合計10-2でCL敗退

 

さすがにベンゲル監督も退任かもしれませんね。

チャンピオンズリーグ2016-17、
アーセナル × バイエルン の2ndレグ。

1stレグではバイエルンが5-1で圧勝したため、ほぼ勝ち抜けが決まっていた試合でもありますね。

2ndレグの結果から記載しておくと
またまた5-1
バイエルンが2試合連続5-1で勝利しました。合計10-2という。

試合内容的には、一応アーセナルは意地を見せてはいましたね。

前半はまぁまぁ圧していましたし、ウォルコットの先制ゴールもあって
毎度お馴染みの「敗退はするものの2ndレグは勝つ」ような雰囲気がありました。

が、後半8分にコシールニーが1発退場。
PA内で後ろから倒したとはいえ微妙な判定ではありましたが、これが試合を決めました。

ここで得たPK含め、ここからバイエルンが5得点。
レヴァンドフスキ(PK)
ロッベン
ドウグラス・コスタ
ビダル(2点)

どのゴールも非常に素晴らしいゴールで、どのシーンも守備が閑散としていました。

アーセナル ちょっと許せない部分

試合終盤はもうひどい有様でしたね。
退場者もでましたし、バイエルンに負けたのは仕方ないとしても許せない部分がいくつか。

まずベンゲル監督の采配
得点が必要だからとはいえ、DFが退場したんだから代わりを入れるべきだったと思います。

PK以外のすべての失点シーンでディフェンスが足りなすぎです。
ただでさえ前目に出ていてDFの裏ががら空きなのに。
そのスペースを、なぜかビダルが狙いまくるという面白展開(笑)

後半怒涛の失点はベンゲル監督の采配も影響していたと思います。

 

そして次に守備陣の意識の低さ。一番驚きました。
基本的に裏を取られたら誰も守備戻らない。ならなぜラインを上げるんだ…

たぶんムスタフィかな?
4失点目、自分のパスミスから抜け出されたのに自分は歩いてるっていう。

シーンによってはサンチェスやエジルが戻ってるのに、なぜ守備陣がああなのか。
大敗して気落ちしてるからとはいえビッグクラブの選手とは思えないですね。

ベンゲル監督は退任?どうなるか

試合前の時点から退任論は大きく取り上げられていましたね。
今回の大敗でさらに現実味を帯びてきました。

試合後、アーセナルサポーターがスタジアムの周りで退任デモを敢行したそうです。
その他多くの著名人・OBなどからも退任を促されていますね。

もう10年もリーグ・CLで優勝できていません。
他クラブと比べてお金を使わないから、という意見もありますが、
実際には「使っていない方」なだけでお金は使っています。

サンチェス・エジルはいい補強でしたが、
どちらかというとバルサ・レアルの余剰分を拾った感じ。
最近は有望な若手も取れず、必要かどうかも微妙な選手に対し大金を使っている印象です。
ペレスなんて20億以上払ったのに全然使ってませんし。
何年も前から言われていますが、お金の使い方が少し悪いですね。

優勝してきたサンチェス・エジルでも勝てず、
移籍したセスク・ファンペルシーが優勝したように、
最近のアーセナルには優勝できない決定的な何かがあるのかもしれません。

流れを変えるためにも、監督を変えて良いかもしれませんね。
もちろん、ファーガソン監督が抜けた後のマンUのように低迷する可能性もありますが。

今シーズン、残るリーグ戦ではなんとか盛り上げてほしいですね。