リプログ

趣味と息抜きのブログ

*

【FIFA15】キャリアモード(選手)で最初に選ぶクラブ

 

capture0528

キャリアモードを選手で始めた時、最初の能力値は62~68程度。

最初の所属クラブが中堅クラブ以上だったり、
トップリーグの弱いクラブだったとしても、レンタル通告は避けられません。

レンタルだとどこに行くのかが結構ランダムになってしまうため、
最初から良いクラブに属するのは1年目をテキトーなチームで過ごす
ことを意味してしまいます・・・。

で、何回もやってきてやはり大事だと感じたのは、
「最初の1年でどれだけ出場機会があるか」ということ。

・・・ではなく、「どれだけいい役割を得られるか」ということ。
これに尽きると思ってます。
出場機会よりもひとつ上を望むということですね。

どういうことかといいますと、以下2点が大事。(特に攻撃的ポジションでは)
1. 最初からPKキッカーになれる
2. 最初からCK, FKキッカーになれる

これがあるのとないのとでは将来性が大きく変わりますね。
1年目で上記2点を得られるだけで、
カーブやクロス、フリーキック精度やPKスキルが大きく向上します。
この辺りはキッカーとならなければ成長が滞ってしまう部分で、
良いクラブになると能力が高くなければキッカーになれません。
一生キッカーになれないとなれば、スキルアップは難しい。

1年目である程度成長させることで
良いクラブに移籍したあともキッカーを任せられます。

で、本題。
上記2点を獲るためには、やはり超弱小クラブに行く必要があります。
大体クラブ初期メンバーの最大能力が60~62程度のところであれば
キッカーになれます。超弱小クラブじゃないとありえない数値ですね(笑)

ということで一番のおすすめ、私もいつも最初に選んでいるクラブが、
「アクリントン」です。どこだよ、って感じですかね(笑)
イングランド4部の最弱チームです。
ほとんどのメンバーが能力50代という弱さ。

高い確率で最初からキッカーになれ、最初はなれなくても
1か月後くらいからはなれるという安定したチームです。
しかもイングランド4部は試合数が多いので年間60試合以上も
できます。これも能力値アップにいい。
またリーグ全体が弱いので高確率で優勝をねらえ、リーグ優勝、
得点王、MVPなどのスキルポイントも余裕で狙えます。

私はここで1年目を過ごすことで、大体+10~13ほど能力値を上げ、
2年目頭時点で能力80に達することもあります。

ちょっと長くなってしまいましたが、アクリントン、超オススメですよ。
サッカーのしょぼさに対するイライラは我慢です(笑)